teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/170 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

少し境遇の似た作品

 投稿者:HAMADA  投稿日:2010年 2月 7日(日)03時51分47秒
  通報
  こんにちは。
少し前なのですが、下高井戸シネマで2007年公開の『クローンは故郷をめざす』を観てきたのですが、
監督の中嶋莞爾さんが挨拶で、次のようなことを話されていたのが片渕監督とかぶり印象に残りました。
「ガッチリと観客の心に食い込む映画を作りたい」
「昨今の映画は文化ではなく情報である」
「ライブではなく、残る作品にしたい」


中嶋監督も全国を回って苦労されたそうですが、作品はとてもこだわった作りで、とてもマイナーなのが
勿体ないです。『マイマイ新子』もそうなのですが、たとえ宣伝が行き届かなくても
どこかで必要な場所へ届ける仕組みがあると良いな、と改めて思いました。

『マイマイ新子』の場合は片渕監督の努力もあり、良い方向に動いているのが希望です。
明日(今日)の宣伝会議でも何かの盛り上がりがありそうで、楽しみにしてます。
残念ながら気づいた時にはすでに満席で、入れそうにもありませんが、
公式ページ等で様子がうかがえたら良いなと思ってます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/170 《前のページ | 次のページ》
/170