teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


較正の解説

 投稿者:JN1PEI 金谷  投稿日:2016年12月 4日(日)12時22分43秒
  較正に関する説明はアンリツカスタマーサポートの「計測器校正の勘どころ」が易しくて良いと思ひます。
 www.anritsu-customersupport.com/tips.aspx
 
 

(無題)

 投稿者:LAO  投稿日:2016年12月 4日(日)09時26分32秒
  >RF電流の「通路」が見えればいいのですが(笑)。
こういうメガネでもあれば一攫千金ですね(笑)。

>今も一台出てますね。これは完動品と銘打っていますから、高騰するのだろうか?
一人入札されていますね、どこまでいくのですまね。

>あれ?8609をダブルで装備されますか?
FFT機能に興味がありました、オチていれば現有機との差し替えのつもりでした。

>HP3588がこけるときがターニングポイントになるかも。
こっちも3589Aの事を考えてFFTがどうなのか興味があった次第です。

>そうならないようにして正月を迎えないと。
頑張ってください、今年も1か月を切ってしまいました。

今年は何もまともな物を作ってないような気が・・来年頑張ろう(笑)

 

re2:較正

 投稿者:LAO  投稿日:2016年12月 4日(日)09時18分4秒
  >測定器の管理の考へ方がメーカーとそれ以外では異なります。
良く判りました、ありがとうございます。

>メーカー以外の較正機関が発行する較正シールは殆どの場合封印の意味はありません。
それでもこの封印が剥がしてあったら、その校正証明書は無効になるということでしょうか。

いずれにせよアマチュアが使う機器に校正は必要ないのですが、オクで売買するには強い味方
になりますね。
 

re:較正

 投稿者:JN1PEI 金谷  投稿日:2016年12月 3日(土)18時02分49秒
  測定器の管理の考へ方がメーカーとそれ以外では異なります。

メーカー以外の較正機関はその機種の詳細が分かりません。ユーザーに解放してゐない調整箇所を調整することはありません。現状の特性を測定するだけです。機器の管理はユーザーが行ふことが前提です。特性が変るやうな部分を弄つたらユーザーの責任です。そこまで較正機関は責任を持ちません。

メーカーは非公開の調整箇所を弄ることもある訣で、ユーザーが勝手にそこを弄つたら値に責任を持てないと言つてゐるのです。だから筐体を開ける部分に封印をする場合があるわけで親切ともお節介とも言へますね。

メーカー以外の較正機関が発行する較正シールは殆どの場合封印の意味はありません。
 

re:較正

 投稿者:LAO  投稿日:2016年12月 3日(土)17時11分21秒
  金谷さん

いろいろな情報ありがとうございます。
なるほど、校正後はそこのVoidシールが貼られるわけですね。

>国内の無線世界では誰も文句を付けません。
すごいところですね。
これであのお値段なら使わねば損というものですね。

>MS2840A 3.6Gベースモデル 200万円
>低位相雑音オプション066  60万円

>安い!
昔のミドルクラスなら4~500万といったところでしょうから、確かに安い!
といってもおいそれと買えるものではないですね(苦笑)。

もう少しオクに数が出て来てお祭り状態になりませんかね~。
すぐに飛びつきそうです。


 

MS2840A

 投稿者:JN1PEI 金谷  投稿日:2016年12月 2日(金)23時27分48秒
  アンリツに聞いてきました。
私の予想も外れました。

MS2840A 3.6Gベースモデル 200万円
低位相雑音オプション066  60万円

安い!
但しソフトウェアは基本機能のもののみ標準装備です。269xでは標準添付の位相雑音測定ソフトウェアは2840Aではオプションです。

位相雑音測定ソフトウェア010 50万円
まあこれは不要でせう。

私の試験用20M水晶発振器を持つていつて測定もさせてもらひました。

269xは広帯域、高ダイナミックレンジでソフトウェアもある程度入れ込んだある程度の価格のもの。
対して2840は低位相雑音、44Gまで周波数上限の拡張に特化したミドルクラスの機器とのことでした。
 

較正

 投稿者:JN1PEI 金谷  投稿日:2016年12月 2日(金)23時08分13秒
  「箔附け」の箔が間違つてゐました。

伊藤さん

較正機関は測定器メーカーだけではありません。

製造メーカーに「標準較正」を依頼すると、おそらく出荷検査と同じ多数の項目を検査して故障の有無を点検し時には調整までしてくれます。そのため安くはありません。

製造メーカーではない較正機関も多数あります。そこでは依頼者の指示した項目のみ較正します。機器が故障の場合、メーカーに取り次いでくれるところもあればそこで返却となる場合もあります。TELECの場合は返却です。
TELECにスペアナを出すときに、内部ATTが焼けてゐる故障がままあるとのことで事前の点検を薦められました。

Calibration Voidとかいふシールはメーカーの都合で作られたものです。他所の較正機関で較正するとそこの較正シールを貼り付けてくれます。

TELECは元々唯一の検査機関であり、その較正部は電波研究所の較正部でしたので国内の無線世界では誰も文句を付けません。
 

(無題)

 投稿者:pwz  投稿日:2016年12月 2日(金)21時24分6秒
  >これはすごい、まるでSFの世界のようですね(笑)。

いやいや、単に電流のつもりでした。RF電流の「通路」が見えればいいのですが(笑)。

>昔の鉄シャーシの悪夢がよみがえってきました。

鉄も一箇所ありました。なんとこのケース、外版が鉄で、ちょうどNコネの出場所がなくて・・・。

>しかし、それでもその値段まで行っても欲しいという人が複数人いたという事は今後も高くなることがありそうです。

今も一台出てますね。これは完動品と銘打っていますから、高騰するのだろうか?でも、写っているキャリアのC/Nが悪くてイメージ悪いですね。スペアナ由来じゃなくて、SSGのせいにしても、こんなの見せられると手が引っ込みます(笑)。

>でも原因がわかっているのなら対策しろよと言いたくなりますね。

経年変化かもしれませんね。もう、早くも9年目ですから。ガスの給湯器の寿命は15年くらいで、8年目くらいから故障が出始めるとか言ってました。

>この前MS8609のFFT付きが出ていました。開始価格(68K)で入れておいたのですが

あれ?8609をダブルで装備されますか?私もそろそろ、次世代物の検討をしないといけないかもしれませんね。HP3588がこけるときがターニングポイントになるかも。

少しずつ穴あけしたり、配置を確かめたりして、亀の歩みでリニアを作っています。本当に根性いれて加工する気になりませんね、でもやらないと先に進まない・・・これで配置が悪くてまともに動かなかったら、2016年の最後が暗ーーくなりそうです(笑)。そうならないようにして正月を迎えないと。
 

Re:MS8609A

 投稿者:LAO  投稿日:2016年12月 2日(金)21時15分31秒
  金谷さん、こんばんは。

>売却の泊附けにTELECで「指定較正」など如何ですか。
こういうのがあるのですね、初めて知りました。
又、31000円は安いですね。

>較正の結果、機器の仕様範囲内であれば堂々と問題なしと言へるでせう。
これだと高く売れそうですね、しかし当方のMS8609AはVOIDシールが最初から剥げれていました。
こういう機器でもやってくれるのでしょうか。
もし、やってくれるのであれば売却時の強い味方になりそうです。

 

MS8609A

 投稿者:JN1PEI 金谷  投稿日:2016年12月 1日(木)22時58分7秒
  今晩は、金谷です。

MS8609Aは先日301000円で落札されたものもありますね。そんなになるのかと驚きました。
金沢の79000円+税のものはハードウェアオプション満載かつ最終較正も今年二月で珍しいものでしたがジャンク出品であつたため警戒した人が多かつたのかも知れません。
スタンドバーが曲がつてゐるのは自然に壊れたのか、衝撃を与えたのか分かりませんね。

売却の泊附けにTELECで「指定較正」など如何ですか。較正の結果、機器の仕様範囲内であれば堂々と問題なしと言へるでせう。

指定較正は最低測定点数が役所の通達で決められてゐるらしくそれが基本セットになってゐます。TELECでは31000円です。私は安いと思つてゐます。アンリツでもやつてゐますがこれより高い金額です。
後は必要に応じて測定点を追加します。私の場合総額40800円でした。

以前TELEC松戸試験所の近所に住んでゐたので、SG、パワー計、スペアナを直に持ち込んで較正してもらひました。
 

レンタル掲示板
/161