teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


すごいな

 投稿者:E  投稿日:2008年11月16日(日)21時46分49秒
  このサイトって、こんな前から独立リーグのことを予言してたんだ。  
 

四国リーグ 石毛コミッショナー終了

 投稿者:IBLJ  投稿日:2008年 1月31日(木)10時13分37秒
  野球の独立リーグ、四国アイランドリーグは12月21日、石毛宏典コミッショナーとの契約が31日に満了となることに伴い契約を終了すると発表した。同リーグは今後もコミッショナー職を置くかは協議事項としている。

 元オリックス監督の石毛氏は、四国アイランドリーグの運営会社IBLJを設立し、社長に就任して2005年4月から同リーグをスタートさせた。しかし今年3月には社長を辞任。以降はコミッショナーとして活動していた。今回の契約終了で、石毛氏は同リーグの運営から完全に手を引くことになった。
 

オランダが女子プロサッカーリーグ発足へ

 投稿者:誰んだ?  投稿日:2007年 2月10日(土)11時23分40秒
  オランダは、新シーズンから女子プロサッカーリーグを発足させるべく準備を進めている。トゥエンテはすでにトップチームを持っており、アヤックス、フェイエノールト、PSV、ヘーレンフェーン、ユトレヒトもリーグ参加を前向きに考えている。また、AZのスヘリンハ会長は「水曜日(24日)に女子チーム発足の発表をする」と明らかにした。
 参加チームは2月24日までに申し込みを済ませなければならない。「プロリーグを開催するには、エールディビジに最低6チームの参加が必要」とオランダサッカー協会は定めている。

 オランダにはこれまでも女子リーグはあり、8万8000人がプレーしている。しかし、学業と仕事の両立、施設、生計を立てる問題などがあり、トップレベルでサッカーを続ける環境が整っていなかった。このため現行のリーグ「ホーフトクラッセ」の上に、男子のプロサッカー同様「エールディビジ(1部リーグに相当)」と「エールストディビジ(2部リーグに相当)」を設け、よりプロフェッショナルな体制を整えることになった。



「これは50年以上前に、(男子の)オランダプロリーグが始まったときと同じ。エールディビジに選手がステップアップするから、(アマチュアリーグの)ホーフトクラッセはレベルが下がる。だが、そのうちにまた選手はホーフトクラッセに移ってくるから、レベルはまた上がってくる」と語るのは、トゥエンテの女子チームマネージャー。チーム数は違うものの、プロにエールディビジ、エールストディビジ、アマチュアにホーフトクラッセを置く組織は、男子とまったく同じものになる。

 トゥエンテはトップチーム、U-17、U-15を充実させるため、大々的な入団テストを21日に行い、575人もの選手が集まった。ベルギー、ドイツ、イングランド、さらには遠くカナダからもテストを受けに来たという。オランダ代表の選手もいた。
 入団テストに受かったら、選手はトゥエンテのホームタウン、エンスヘデに住まなければならない。田舎の中都市だが、サッカーに専念できる環境は整う。

 まだ新シーズンのプロリーグ開幕が確約されているわけではない。女子サッカー界では世界の勢力図から大きく遅れをとっているオランダだけに、2月24日までに参加チームをそろえ、新リーグ発足の気勢を上げたいところだ。
 

4大スポーツブログ

 投稿者:セレクションジャパン  投稿日:2007年 1月 7日(日)13時39分51秒
  ↓をチェックしてみてください。他のサイトには載っていない4大スポーツの内容も掲載しています。

http://plaza.rakuten.co.jp/selectionj

 

北信越独立リーグ、石川ミリオンスターズ監督に金森氏

 投稿者:プロ野球?  投稿日:2006年12月 4日(月)11時58分36秒
   来年4月に開幕する北信越の野球独立リーグに参加する石川県の「石川ミリオンスターズ」の初代監督に、金沢市出身の金森栄治氏(49)の就任が決まった。石川県球団開設準備室が22日発表した。プロ野球の西武、阪神、ヤクルトで計15年間、野手として活躍し、古巣などで打撃コーチの経験もある。

 金森氏は中学から大阪に引っ越し、PL学園では甲子園にも出場した。大阪市在住。同日、記者会見した金森氏は「中学から石川を出て故郷を捨てたような思いが強かったが、私の思いよりも石川の人は温かく思ってくれた。ゼロからの出発だが、他の3県のチームと力を合わせリーグを盛り上げていきたい」と語った。

 金森氏はベストナインやゴールデングラブ賞にも選ばれた。目指すチーム像は「基本に忠実な野球」と話し、「時間はかかるだろうが、ぜひプロ野球にも選手を送り出したい」と強調した。
 

元巨人の鈴木康友氏が富山サンダーバーズ監督に就任

 投稿者:プロ野球?  投稿日:2006年12月 4日(月)11時57分30秒
   来年4月開幕の北信越のプロ野球独立リーグに所属する富山県のチーム「富山サンダーバーズ」の監督に元巨人の鈴木康友氏(47)の就任が決まった。富山サンダーバーズベースボールクラブ(富山市)の永森茂社長が23日に記者会見して発表した。

 鈴木氏は奈良県出身。巨人、西武、中日で選手として活躍し、西武などで守備走塁コーチなどを務めた。会見で鈴木氏は「機動力を生かした戦略で一点を守りきる野球を目指す」と話した。

 監督要請の決め手は「コーチ経験が豊富なこと」(永森社長)。タレントの萩本欽一氏が監督を務める社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」のヘッドコーチを直前まで務め、永森社長は「地域に密着した球団にふさわしい。候補者リストから真っ先に選んだ」とほれ込んだ。

 今後、北信越リーグに参加する4チーム合同の入団テストを経て各チームがそれぞれ選手構成を決める。鈴木氏は選手起用について「地元の試合では富山の選手を使いたい」と語った。
 

<欽ちゃん球団>「極楽とんぼ」問題で解散の意向 

 投稿者:萩本監督  投稿日:2006年 7月19日(水)22時33分12秒
   社会人野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」監督でタレントの萩本欽一さん(65)は19日、チームのメンバーで人気お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一さん(38)が遠征先の北海道函館市内で少女(17)に性的暴行を加えた疑いで函館西署に任意の事情聴取を受けたことが分かったのを受け、責任を取って、チームを解散する意向を明らかにした。ただ具体的な時期や解散方法は未定。今後、関係者で話し合って決めるという。
 萩本さんは羽田空港で報道陣の取材に応じ、「ことの大きさからいっても責任を感じる。私が始めた野球だから、大好きな野球だけど、やめることにしました。茨城のみんな、ごめんな」と涙を浮かべながら話した。報道陣から「やめるとはチームの解散か」と問われると、「(それが)私の気持ち。あとは僕が決めること」と認めた。
 トレードマークの笑顔はなく、疲れた表情で「やると言ってもやめると言っても迷惑がかかる。ずっと悩んだ」。解散という結論は選手にも伝えたという。「今ごろ泣いているやつもいるだろう」と声を振り絞った。
 山本さんからは17日深夜に電話を受けたといい、「すみませんと言っていた。反省してどこかできちんと仕事をするまで私に責任がある」と話した。山本さんは18日に所属先の吉本興業から専属契約を解除されている。
 ただ同日夜になって、チームの公式ホームページで「解散のニュースは誤報です」との「ゴールデンゴールズ関係者一同」のコメントが掲載され、間もなく削除されるなど混乱。岡本尚博・球団代表は「萩本さんの言葉は重い。HP管理会社の手違い」と釈明した。
 茨城GGは「野球をもっと面白くしたい」という萩本さんの発想で昨年1月、茨城県稲敷市を本拠地に発足。元プロや若手選手が集い、昨年の全日本クラブ選手権に初出場でベスト8進出。今年も8月の同選手権への連続出場を決めていた。
 萩本さんのマイクパフォーマンスでも話題を呼び、各地のクラブチームなどとの対戦には数千人のファンが詰めかけた。茨城GGを目標に、各地にぞくぞくとクラブチームが誕生するなど、ブームを起こしていた。
 地元・茨城の関係者からも驚きの声が上がった。同県旧桜川村長で、初代後援会長の飯田稔さん(70)は「地元に定着しつつある時に、このような形で解散するのは残念。思いとどまってほしい」と訴えた。応援団長の木沢安司さん(66)は「ほとんどの試合の応援をしていたので寂しい。復活を祈っている」と残念がった。茨城GGが全国のクラブ野球チームと対戦する「つくばゴールデンチャレンジ」(今年4月創立)の舞台となったつくば市は「欽ちゃんにもっと盛り上げてもらいたいと考えていただけに、非常に残念」と声を落とした。
 

大阪の16歳がブレーブスに入団 最年少で契約

 投稿者:阪急ブレーブス  投稿日:2006年 7月 3日(月)12時47分46秒
   米大リーグのアトランタ・ブレーブスは3日、大阪市中央区に住む16歳の島袋涼平選手(16)=私立おかやま山陽高中退、185センチ93キロ、右投げ左打ち=のマイナー契約での入団を発表した。大リーグ球団と契約できるのは16歳以上で、日本人選手では最年少での契約。球歴は約2年というまさに「原石」の島袋選手は「小さいころからメジャーへのあこがれはありました。まだ夢にぎりぎり引っかかった感じですが、目標のプロになれてうれしい」と白い歯をのぞかせた。
 島袋選手は小学6年から中学1年まで少年野球チームで、主に投手としてプレーした経験しかなかった。運命を変えたのは中学3年の8月、ブレーブス国際スカウトの大屋博行さん(40)との出会い。父均さん(56)と通っていた兵庫県西宮市内のバッティングセンターで見せた豪快な打撃と身体能力の高さが大屋スカウトの目に留まった。
 昨春入学した高校では、監督の不祥事もありわずか3カ月で退部。その後は、均さんと体づくりをしながらプレーする場を探していた。
 入団を持ちかけた大屋スカウトは「初めて会った時から既に体は出来ていた。打撃技術も日本のプロにひけをとらない。何より考えられないスピードで成長している」と、将来性に期待する。
 今後は3日夜に日本をたち、豪州で開かれている大リーグの野球アカデミーに加わる。実力いかんで秋に米国での教育リーグに参加する。大リーグで生き残るチャンスをつかむため、ほとんど経験のない捕手に取り組む島袋選手は「イチロー選手のように本能でプレーする選手にあこがれている」。母スサーナさん(54)はアルゼンチン出身。日本人離れしたパワーで夢に向かう。
 

来年9月に全国リーグ発足へ

 投稿者:フットサル  投稿日:2006年 4月22日(土)01時05分45秒
  日本サッカー協会内の日本フットサル連盟は21日、フットサルの全国リーグを来年9月に創設すると発表した。関東や関西など各地域ごとにリーグを開催しているが、その上部の国内トップリーグに位置づける。初年度は8チームが参加し、秋~春に2回戦もしくは3回戦総当たりのホーム・アンド・アウエー方式で実施する。  

当然黒字を目指す 横浜、佐々木新社長が会見

 投稿者:大洋ホエールズ  投稿日:2006年 3月24日(金)17時26分48秒
  横浜は24日、横浜市内の球団事務所で株主総会を開き、佐々木邦昭新社長(59)の就任を正式に決め、発表した。
 佐々木氏は日産自動車の広報部長、常務を歴任し、関連会社の社長を務めていた。親会社のTBSとは無関係で、球界では異例の就任。記者会見では「正直、迷いました」とも。ただ、1993年から7年間、野球部の部長を務め「やはり好きな野球。その経営は魅力的だった」と引き受けたいきさつを話した。
 また、大胆な経営再建策で知られるカルロス・ゴーン氏の下で働いていただけに「会社の責任として当然黒字を目指す。目標をしっかり定めることが大切」と、約15億円とされる赤字解消に意欲を示した。
 

レンタル掲示板
/9