teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


いっそでっかくセレナーデ

 投稿者:木内  投稿日:2008年 7月26日(土)20時49分23秒
  森山直太郎の歌が話題になってますね。「いっそ小さく死ねばいい」
ま、「♪あくびして死ね~」とか「♪死にたいや~つは 死ね~」とかそんな曲ばかり聞いてる僕にしたら、小さくと言わず、でっかく死ねや!てな感じですが、
「恋人と親は悲しむが 3日と経てば元通り」
って、またそんな事言ったら
「俺は恋人も親もおらんのんじゃ~!!」と35歳くらいのやさぐれ男がナイフ振り回す結果となりますよ。
しかしそんな論争もしょーもないですね。話題の出来レースですね。フンっ、くだらない。

それはそうと、「アート大阪2008」やってますね。
2004年の個展以来、発表の大半が大阪で、「今、俺は大阪アートシーンのど真ん中に立ってるぞ!」
・・・と思ってた僕ですが、残念ながら「アート大阪」には出品してません。
ど真ん中だと思ってましたが、崖の上、じゃなくて崖っぷちだったのねん。ぽにょぽにょ~。

で、明日は休みだしタダ券ももらったし知り合いも多数出品してるし、何よりアートフェアは業界の時代の気分をリサーチするのには何よりの材料だし、展覧会とは違うから見応えはないとは思いますが、売れるにはその業界の気分に寄り添って、いや添い寝して、いや何なら犯される覚悟で関わっていって・・・・・。
・・・あれ?何の事だっけ?
そんな事で売れるんならとっくに売れてないと、説得力ないっすね。
とにかく来るべき「キウチアートフェア20XX」に向けての視察も兼ねて行くべきかも知れませんが、制作も溜まってます。
といわけで、遠慮させていただきます。

なので、会場でバターナイフ振り回してる男がいたとしても、それは僕ぢゃないよ。

今日の鼻歌:
♪そしてナイフを持って立ってた そしてナイフを持って立ってた そしてナイフを持って立ってた ナイフを持って立ってた~~
 
 

展が展展、そんで縁縁

 投稿者:木内  投稿日:2008年 7月25日(金)20時54分19秒
  暑いっすね、毎度。
郵便も保育園もお休みの昨日、あまりの暑さに昼間からビールもどき飲料呑みながら制作していた不届者です。
暑すぎて、外へは出たくなかったんですが、ちょっと見たい展覧会とちょっと欲しいCDとちょっと欲しい洋服があったので、街へ。
いつもは自転車で行く範囲なんですが、さすがにもう草臥るのも目に見えていたので、電車で。

元立誠小学校で行われてる展覧会「one room3」。
嵯峨芸術大学のおそらく大学院生か若い卒業生が中心のグループ展で、過去学内でやってたものを元立誠小学校に場所を移して行われてるグループ展みたいです。
なかなか見応えのある面白い展覧会でした。久々に来たね!サガビーンズ!(・・・ってもう言わへんの?)

僕が大学4年くらいのころ、同世代の他の芸術系大学の作品はよくチェックしてたんですが、なかでも当時の嵯峨美の「カイサン」(絵画3)を一番ライバル視してたのを思い出しました。
キタさん、トミオさん、ヒロオカさんといった面々がいて、そのメンバー中心にギャラココでやってた「ヤングへの疾走」というグループ展見た時の衝撃は忘れられません。
おそらくそこには講師陣にIシハラさんやKナムラさんといった作家さんたちがいた、ということもあるでしょう。

自身がTラヲ君たちと同じギャラココでグループ展するときは「打倒!ヤンシス!」と鼻息荒く語っていたものです・・・ってそんなん言ってたん僕だけか。

ま、最近はすっかり美術系大学の卒制行って「ランキング」付ける、とかそういうのはやらなくなりましたが、若くてイキがよく、完成度高くてクレバーな今日びの若者がとても羨ましいです。

しかし会場は異常に暑いのでササッと見て帰りましたが、僕もあそこで展覧会したいな~。机版画の新作とか。
関係者の方々、何かありましたらよろしくお願いいたします。

で、CDの方は初回限定こそなかった・・・ってそりゃ昨年の発売やからないわな、とはいえ10%オフで購入です。空洞です。
洋服の方は売り切れてました。ネットで見ても在庫なし、で、ちょっと欲しかったものがだいぶ欲しかったものに変わってきました。
あの時、買っとけばね・・・。それが縁、ですかね。

そのあと、その辺行くとつい中古レコード屋Wに行ってしまい、何も買わずだらだらN氏とお喋りしてしまうのですが、その日は暑かったのでそこそこで切り上げ。
帰りにその下のバー、「ヴィオロン」の扉見ながら、「この扉、すっかり開けなくなったな~」としばし立ち止まりつつ、コソコソ逃げるようにその界隈を後にしたのでした。

今日の鼻歌:
♪わかってるって ウソなしさ お前さんは~ ハメ外し 無理しても 悩~み増やすだけ~ 我慢強いって 噂だろ 腹~も立てないで~ わかってるて 言葉なんて ど~にでもなるもんさ~
 

イラつき夜太

 投稿者:木内  投稿日:2008年 7月23日(水)22時10分22秒
編集済
  ここ数年、それほど親しいという訳ではないですがちょっと知ってる、という方の訃報が相次いでいます。
しかも皆さん40代前後と、若くしての病気が原因で。

心よりご冥福をお祈りいたします。

僕の親しくしてもらってる40前後の方々にはフリーの仕事されてる方も多く、おそらく健康診断等もされてない方も多いと思われます。
それしておけば大丈夫、とは思いませんが、暇があれば市民検診等、受けられる事をおすすめします。

自分は仕事先の定期検診が義務付けられてるので、以前も高血糖値、等の認識はさせられてますが、それで安心というわけではもちろんありません。
僕の母親のケースでも、勤務先のしかも病院(母親はベテラン看護士でした)の検診ですら、2年ものの癌を発見できなかったわけですから。
「人間ドック」くらいやればかなりいろいろ調べられるんですが、さすがに庶民には手がでませんね。高額医療。

しかしながら、とにかく親しい方々にはいつまでも元気でいてほしい、と心から願う今日このごろです。


さて、地獄の郵便配達、なんて大袈裟な、と思われる方も多いでしょうし、自分でもまあ大袈裟なな~と思いながら昨日から5日ぶりに仕事へ行ったんですが・・・。

「じごくのそうべえ」のごとく軽業師ばりにひょいひょいと仕事こなそ~なんて思ってた自分をあざ笑うかのようなもう!猛暑!
この仕事ももう9年目で毎年の事だから、慣れてるはずなんですが、ひどいよ!この夏!
とにかくヘトヘトです。汗かきすぎて頭朦朧でもうおかしくなっちゃう!
周りのおっさんだけでなく、自分もガッツリ汗体臭です。
これも異常気象のせい?誰のせい?それはあれだ、歳のせい?

とにかくそんな感じで昨日も既に午前中でヘトヘトでぐったりしてるところに、1本の電話。
前回の書き込みの展覧会の件。
僕はしっかり締め切り前にデータを送信してたんですが、印刷会社の方からの、「まだデータ届いてない作家リスト」に僕の名前があったとギャラリーから。
たしかに、「届きました」的メール返信も来てなかったし、おかしいなと思って何度かギャラリーの方にも問い合わせてましたが、「たぶん大丈夫でしょう」的返答のため、ま、大丈夫かな、と不安ながらも思ってたら案の定の展開。

そもそも、この展覧会の運営に関してちょっと曖昧な点も多く、気になってたんですが、それがそんな感じになり、かつ、自身は暑さと個展の制作の進行がままならぬ感じで終った5連休明けで苛ついてるとこだったので、イライラも頂点に!
仕事中の電話だったんで、「とりあえずこっちはちゃんと送ったんだから、もう一度確認してもらって下さい!」と電話を切り、イライラなまま午後の配達へ。
その日の午後の配達はもうボロボロでした。

「なんでちゃんと締め切り前に送った俺が、まるで締めきり守らない怠慢作家みたいな扱いされなあかんねん!」
と、相変わらずの小物っぷりヒステリー。

で、結局は印刷会社の方の手違いで、データはちゃんと届いてたそうです。
ギャラリーの方にもこのイライラを伝えて、展覧会の方は問題なくできるということになりました。
ま、別に届いてなかってもデータ再送信すれば全く問題ないのですが、なんかこういう体制が曖昧な感じの展覧会はもうちょっと仕切る側がスマートになってもらわんと・・・ブツブツブツ・・・。

炎天下の下、ぼくの脳内の愚痴は最高潮に達してました。

「問題なかったからそれでええやん」
そうかもしれません。
さすがに何度も展覧会してると、こういう展覧会開催側のいろんな事でイライラさせられる事は今まで何度もあって、慣れてきたりもしてます。

しかし、「ま、こんなもんでしょ?」と慣れていって、それでええんか?

またこういう小さな事でグチグチ言うと、「面倒くさい作家」「ややこしい作家」「扱いにくい作家」「うるさがた」とか言われ、挙げ句「作品たいしたことないくせに口ばっかり」「作家は黙って作品だけ作ったらええんじゃ!」
等々、言われるかもしれません。

ほなら、「作家が黙って作品だけ作ってりゃいい状況、ちゃんと作れや!」
と言いたいです。各方面に。

ですが、このギャラリーはこんな僕みたいな者に声を掛けてくれるありがたいギャラリーでもあります。
ここは前向きにちゃんと話して、今後もいい関係築いていきたいと思います。


(本日は鼻歌は自粛させていただきます。)
 

明日からまた地獄

 投稿者:木内  投稿日:2008年 7月21日(月)20時48分5秒
編集済
  え~夏の制作用の5連休がもうすぐ終ろうとしています。
この休みはガッツリ制作!となりたかったんですが、結局いろいろバタバタしてモヤモヤして、大きく前進とはいかなかった気がします。
チマチマ作業も結局A4サイズくらいの作品が1つ出来たのみ。

嗚呼、明日からまた地獄の郵便配達。
この夏の配達は額から流れる汗が僕の極太眉毛も軽く越えて目に入るくらいの量の汗をかいてます。
こんなに暑かったっけ?例年。
それともやっぱり歳のせい?
認めたくない現実がまたやってきます。

それはそうと、ちょっと特殊(?)なグループ展に参加します。

「大人のたしなみ 一筆箋展」
2008年8月1日(金)~8月31日(日)  12:00~20:00(8月9日のみ~18:00)
水曜日定休 また23日(土)24日(日)臨時休業
会場:オソブランコ(大阪市西区北堀江) http://www.osoblanco.jp/
企画:株式会社JAM http://jam-p.com オソブランコ

です。
この展覧会は、50組近くの作家が、株式会社JAMが行ってる「レトロ印刷」という印刷を使って、一筆箋を作ってそれを展示販売するというものです。
フォーマットは決まってるので、要するに一筆箋のデザインをする、ということですな。
参加の作家さんも現代美術というより、イラストレーター、デザイナー、ギャラリスト、と言った感じの面々です。

で、案内状ですが、あんまり部数ないので今回のは基本、郵送いたしません。
「ぜひくれ~」とおっしゃる方は御一報下さい。
郵送します。早いもの勝ちです。

というわけで、暑い夏にオシャレな堀江なんかに行く方はぜひ。
オソブランコは僕が言うのも何ですが、カワイイ雑貨屋兼ギャラリーですよ。
キウチグッズもありますよ。

しかし、データで入稿しましたが、出来上がりがわからないので、いったいどんな感じになるのか・・・。
しかも自分が見に行けるかも危うい感じです。

なつみさま:
全く知らなかったんですが、皆「ぽにょぽにょ」言ってますね。
や、別に斜に構えてる訳ではないのですが、ま、素敵な女史が相手ならどんなベタでもシュールでもアバンギャルドでも。
「ブタ」はあまり意識してませんでしたわ。確かその前はオーストラリアの現代美術展、とかに行ってた気がします。
10代DTの頃の話です。許して下さい。・・・って今もあんまり変わらんか。

今日の鼻歌:
♪ままになら~ない~ 心のままにぃ~~ 俺の知ら~ない~ 明日を求めて~~
 

ベタ恋愛小説家

 投稿者:なつみ  投稿日:2008年 7月21日(月)09時54分33秒
  「・・・別に見なくてもええか」、って斜に構えてますな木内さん。
デートでは宮崎アニメ鑑賞を選択肢に入れるというベタな行動してたくせに。あとタイトル「紅のブタ」でなく「紅の豚」よ。
当時の苦々しいけど甘辛い19の夏がトラウマになってタイトルとか適当に憶えてたら仕方ないけどさ。
でも普段はイキって斜に構えたようでも、実はベタな恋愛に憧れる木内さんはなかなか可愛いと思いますけどね。
 

残酷な夏

 投稿者:木内  投稿日:2008年 7月20日(日)18時19分45秒
  ・・・というタイトルで、一昨日の兵庫に行った後の話を、とりあえずミクシイ日記に書いたのですが、かなりキモイというかイタイというかそんな感じの文章になってしまったので、こっちに書くのはやめときます。

・・・ってそれを書くということは結局「見て見て~」と言ってますやん!
だったら削除したらええわけやん?
しないということは「キモイ」「イタイ」自分を見て欲しいということやん?
タチ悪いっスね。面倒くさいっスね。どうも。

仕事休んで籠って制作してると、なんかモヤモヤしますね。
バイトとかしながらやるのが実は一番バランス良かったりするのかもね。
・・・と昨日アトリエ来たT君と話したりしました。救われました。
T君ありがとう。

なつみさま:
や、実はチマチマした卓上作業がメインなんで、基本クーラーの効いた部屋で作業してます。
電気代を思うと冷汗でますが。
宮崎アニメは見たら面白いんですが、別に見なくてもええか、てなかんじで、最近作は見てません。
ま、テレビで「カリオストロ~」とか「ラピュタ」とかはなんとなく何度も見た気がしますが。
そいえば19の時、当時好きだった女の子と観に行ったのが「紅のブタ」だったはず。
恥ずかしながら、それが人生初デートでした。
もちろんその後玉砕したのは言うまでもありません。

今日の鼻歌:
♪た~ちわ~る~い~ね~ コレ~ しか~た~な~い~ね~
 

崖の上のキウチさん

 投稿者:なつみ  投稿日:2008年 7月19日(土)20時33分34秒
  木内さん、この五連休は普段の労働よりも汗が吹き乱れるのね。
わたしはサラブレッドのエビゾーより庶民派の木内さんを応援するわ!
さて、その金曜日の夜テレビをつけてたら「となりのトトロ」がやっていたのでなんとなく見てるうちに結局最後まで見入ってしまいました。
しかも、わたし不覚にも泣いてしまいました。しかも何故か冒頭から涙が決壊。姉妹のオヤジが素敵やわ~。
宮崎アニメも最近は出来すぎの感もあってあまり馴染めなかったんですが、昭和の頃に制作したやつはええテイスト出してますな~
宮崎アニメはテレビ時代の頃から緻密やな~とか思っていたのですが、後々聞いた話では当時の作画枚数は通常よりも
はるかに多い枚数を使用していたとか。当時から理解者がいたんでしょうね。
昔の宮崎アニメも時代を隔てた今の方が映えるし、手描きはいいよねーとか思ってしまいます。おまけによく泣けるし。
宮崎駿といい横尾忠則といい底知らずのエネルギー欲しいっす。
 

ボーイズ・ビー・ナンセンス!

 投稿者:木内  投稿日:2008年 7月19日(土)14時48分53秒
  現在実は制作休みを取ってます。5連休です。
職場では「旅行行くの?」等言われてますが、何処にも行きません、行けません。
アトリエごもりです。

ですが、見たい展覧会がいくつかあって、「他人の展覧会を見るのは制作と同等に重要」と思う派の僕としては、「それも勉強ですから・・・」と自分に言い聞かせ、昨日は神戸へ。
「冒険王 横尾忠則展」行ってきました。
兵庫県立美術館は今年早くも3回目です。
平日ということもあって、思ったより空いていました。

横尾忠則展はおそらく3~4回目くらいで、たぶん最初に行ったのが大学1年のころの確か滋賀県の西武百貨店での展覧会。
そのころは電飾で滝がグルグル動くようなデジタルコラージュのシリーズだけで何十点も作品があったと思うのですが、その頃の作品は今回は1点のみ。

にもかかわらずこの大量の作品群!
ということはそれぞれのシリーズにさらに何十点も作品があると予想され、その膨大な数に気が遠くなりそうです。

けっこう何度か見た作品も多かったのですが、さすが御大!60年代の作品かと思えば06年作だったり、もはや時間を超越した飛びっぷり!
年代見るのも一苦労でしたが、そのある意味変わらなさというか、精力旺盛っぷりに相変わらず脱帽です。

しかし、いくら描くのが早いとはいえ、凄いですね。
「わしゃ、止まったら死ぬんじゃ~」てな感じ。羨ましいです。

僕も制作においては節操のないタイプですので、氏の展開は参考になります。
ま、その強烈な活動には全く足下にも及びませんが。

今日はゲストにプリンセス天功が来てるとか。
まさにイリュージョンですな。

同展覧会場にあった「魔除猫」ガチャポン(我が地元では「ガチャガチャ」といってました。)を
思わず2回もしてしまった。 一回300円也。
なかなかええのん当たりました。
ドクロのお皿も欲しかったですが、こちらは超高額。
富豪になったら買いたいです。

なつみさま:
坊主にして顔剃りしたら、激太眉毛がさらに際立つ、という結果となってしまいました。
こちらは股間は虚しく空砲を放ち、ハスキーで高くグダグダ愚痴るだけの声音、濁った諦めの眠たそうなまなざし、自虐的でハードルを必死で下げる自信のない言動。
モテませんね、この感じ。
当分は帽子で誤摩化しときます。

今日の鼻歌:
♪Get it on~ Bang a gong~ Get it on~
 

エビゾーに庶民風味を

 投稿者:なつみ  投稿日:2008年 7月18日(金)19時09分15秒
  ・・・坊主頭にしたんだね、木内さん。
わたし的にベストオブ坊主は市川海老蔵をおいて他にはいないのですが
あのヘッドの形状は坊主になる為に神様が御創りしたのかと思わずにいられない形状に思えます。
おまけに股間が制御不能みたいだし....坊主頭に渋めで甘い声音、捕らえた獲物は逃さない色気ある眼光、
おまけにイチロー並に自信たっぷりの言動。モテるんでしょうね、あの感じ。
更に付き合っていたとされる米倉やら佐藤江梨子やらは、別れた後でもまだエビゾーの余韻を引きずっているようにも見えるし....
木内さんが坊主ヘッドになったら松っちゃんとホンコンを足して三で割って濃い味付けをした感じになって
モテ期が到来する予感がして...複雑な心境ね。
 

水曜どうしましょう?

 投稿者:木内  投稿日:2008年 7月17日(木)18時14分3秒
  不倫がバレた!?
・・・・とかいうわけではないですが、頭丸めました。1年ぶりです。
ここ2~3年は夏の恒例です。
しかも久々に安理髪店で。早いですね、20分くらいで顔剃り含め終了です。
顔剃りは気持ちいいんですが、早さ勝負の安理髪店だけに、顔剃りも超高速。
ちょいコワいですが、気持ちいい、コワチイ感じですが、切れてない!さすがですおばちゃん。
とりあえず頭の外だけでもスッキリと。

話は変わって水曜日。
関西地区では「ガキの使い」の放送日がコロコロ変わるんですが、ついに昨日から前ぶれなく激戦水曜日へと変更しました。
水曜といえば「タモリ倶楽部」を中心軸に「レッドカーペット」「今ちゃんの実は・・」「あらびき団」で最近は名古屋の番組「ノブナガ」も始まった、イマヒガチルドレンとしては超激戦区。
10時くらいからHDDレコーダーは休まず、バレーとかで10分でも延長すればどれかが欠けてしまう、という状態。
HDDレコーダーは一台しか持たない身なもんで、かなりキツいのに、さらに「ガキの使い」が入り、このままだと「あらびき団」と5分はどカブってしまいます。

一応自分の順位として、「タモリ倶楽部」を最高位とし、時間の早い「レッドカーペット」は問題ないですが、ほぼ保存の「あらびき団」は「タモリ~」の次にし、老舗「ガキの使い」は残念ですがVHSへ格下げ、という決断を下しました。
「実は~」はHDD残り時間少量のためなるべくオンタイムで見て、「ノブナガ」は起きてれば見るか、くらいの感じで付き合う、という感じでほぼ決定・・・とかモヤモヤ考えてたら「ガキの使い」のVHS録画、早速忘れてしまったことに気付きました・・・。

という感じで頭の中は相変わらずモヤモヤしたままの、そんな昨日の宵山でした。
あ、もちろん祇園祭行ってませんよ。

9月の個展のトークイベントはこんな感じの内容になるかな~。

なつみさま:
DAIGOはgakuto以来のニューキャラ、オモロいっすね。名前もいいですね、DAIGO。
山本モナはもっと若いかと思ってましたわ。お盛んで、うらやましいっすね。
とりあえず鼠先輩が同い年だと昨日知りました。後輩じゃなくて良かったです。

今日の鼻歌:
♪ I said just take it!  or leave it! And take it! or leave it And take it! or leave it And take it! or leave it Oh just take it! or leave it  And take it!  or leave it Oh take it~~
 

レンタル掲示板
/15