teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


秘密のアートちゃん

 投稿者:木内  投稿日:2008年 4月30日(水)22時52分38秒
  暑なってきましたね。なんかしんどいですわ。こう急やと。
昨日も29で肉の日でしたが、実際はホットケーキにパエリアにバウムクーヘン。ご馳走さまでした。

というわけで昨日は京都市内某所でシークレット展覧会(?)カフェ(?)ワークショップ(?)。
とにかく参加してきました。
これは参加者全員が美術作家で、参加者が作品を持ち寄り、展示し、鑑賞し、トークし、お茶するというイベント。
美術作家の美術作家による美術作家の為の展覧会。
exhibition of the artist, by the artist, for the artist,であります!(英語合ってる?artists,かな?)

なので、展覧会といえば色んな人、特に作家と自認して制作する者にとってはどんな作家でも少なからず意識される
コレクター、キュレイター、評論家、ギャラリスト、ジャーナリスト、美術ファン、時の権力者等々は一切参加できない、という、
作家にとってはとても気持ちのいい(?)会員制の展覧会。
ウソでも作家やっててよかった-!と思いました。

会場の1壁面を簡単な言葉で縦軸、横軸にし、十数名の作家が自作をその中の自身が思うポジションに配置。
で、完成。
今回は全てが平面に収まる作品だったので、その壁面はそれぞれの個性がええ感じのバランスで配置され、また参加作家さんも自身はさておき、将来を嘱望される若き才能の作品ということで、まさにコレクター垂涎の1日、いや数時間の展覧会となりました。
しかも見れるのは参加者のみ。なんという贅沢。

ただ、僕はその某所の方々にはいつも遊んでもらってるのですが、作家として作品を持ち込むのはもちろん初めてで、なんか、普段の展覧会よりもさらに緊張してしまいました。
新作は出せなかったんで、旧作の中で何を出すか迷った挙げ句、「たくさん参加されます」という前情報で少々ビビってしまい、手堅い数品を車に載せて参加。
で、結局、「見ろ!コレがワイの作品じゃ!ドーン!」とする勇気もなく、バットを短くもって「手裏剣名刺」。
当てにいきました。内野ゴロ進塁打、てな感じでしたか。
そこで、チマチマ人間関係とか考えて、三振覚悟の大降りできない自分が情けないですわ。

で、結果自身の作品は今回はボキャブラ風に言うと「セツクル~」(説明的、クール)です。
作家としては「セツアツ~」(説明的、ホット)だと思いますが。
ま、「アツクル~」(暑苦しい)ともよく言われますがね。

しかしながら、会自体は非常に楽しく、昔から存在は知ってたけど接点なかった作家さんと交流できたり、後から来たイギリス人アーティストに、しどろもどろの英語力で作品の説明したり、と、大変勉強になり、かつ有意義な1日でした。
英語力の無さは痛感し、せめて自身の作品のタイトルとコンセプトくらいは「シケタン」「シケジュク」とかでまた勉強せなあかんな~と思いました。

というわけで、京都市内某所の皆様、お招きありがとう&ご馳走さまでした。
ぜひまた呼んで下さい。
しかし僕は昨日一日中喋り続けてましたね。ああ、カッコ悪・・・。

なつみさま:
オリンピックも興味がなく、恥ずかしながら中国やらチベットやらに関しても実際のところは全く何も知らず、かつ何ら意見もアクションも起こさない、情けない大人です。
オリンピックで抜ける選手がいなくなったタイガースの闘い方しか興味が持てませんわ。
たけしも欽ちゃんも子供の頃は大好きだったのですが。今となっては2人とも歴史の人。
現実は厳しいですね。
聖火リレーにはせんとくんの着ぐるみに走ってもらって、賛成派(ヤブウチ派)と反対派(国境なきキャラ団)にもみ合って欲しいものです。

今日の鼻歌:
♪おしゃべりは~ 信じないよ う~そのよ~な 気~がする~
 
 

歌謡曲ジェネレーション

 投稿者:なつみ  投稿日:2008年 4月29日(火)18時57分53秒
  さて先日、聖火リレーがありましたね。
お笑い芸人の欽ちゃんも走者のひとりとして参加してましたが、その事についてビートたけしが毒づいていました。
芸人なんだからあの場では何かアクションを起こさないといけないとか云々とかけっこう熱く。
ワタシ的には著名人のランナーが口々に平和を祈りながら...云々とか言ってたのは変だなーというか気持ち悪いなー
とかは思ってましたが。まぁ言わされてたのかもしれないけど。
でもビートたけしだって映画で賞もらってからはあまり喋らなくなったし映画らしい映画を撮るようになったし
以前と比べて変わったなーという印象の方が強いんですよね、ワタシ的に。
そんな事を考えているうちに志村けんはお笑い芸人なんだろなーと行き着きました。
 

ボーダレスへ

 投稿者:木内  投稿日:2008年 4月28日(月)19時15分41秒
  いや~始まりましたねGW。
昨日もほんまにええ天気。デート日和でした。
なもんで、滋賀県方面に2人で行ってきました。
ま、皆さんお察しの通り、残念ながら男性とです。

目的は近江八幡のボーダレスギャラリーNO-MAでの展覧会、「アール・ブリュット/交差する魂」展。
http://www/no-ma/jp

2月からやってたので、前の神戸ムンクツアーの時、「じゃ、次は滋賀ツアーでも」とか言ってたんですが、だらだらしてたら春になって危うく見逃すとこでした。
面倒くさいな~もうええかな~、とか思ってたんですが、結果は行ってよかった!俺正解!
はやりの(?)アール・ブリュット、あるいはアウトサイダー・・・的なものではありますが、やはり素晴らしい!
何度も見たおなじみ作家さんの作品もありましたが、殆ど初見で、さらに古今東西、取り揃えられてました。

いつもこの手の(失礼)展覧会見ると、「モノ作りとは何か?表現とはなにか?」を考えさせられるとともに、自身のやる気も増幅させられ、さらに、ちんたら制作してる自分を叱咤されるような、でも嬉しい!もっと叱って!みたいな感じになります。
要するに少々興奮する、ということですわ。
一気に創作意欲が高まってきました。やりてー!やりてー!展覧会やりてー!

しかしNO-MAはええ展覧会やりますね。ハズレなしです。
ということで、おすすめです。5月11日まで。

そんな感じで、男2人ドライヴ。
近江八幡の焼きたてバウムクーヘンは長蛇の列なんで諦めることに。
堅田でカレーをむさぼり食って、そのあと「大木内祭り」会場下見してきました。
GWは天気もよく、気温も高いそうです。
ちょっと早いけど海パン持っていくかーっ!
うおおおおー盛り上がって来たーっ!・・・ってさっきの創作意欲はどこへ?

今日の鼻歌:
♪たとえ でっちあげのような夢も~ 口からでまかせでもいい 現実に変えていく 僕らはそんな~カタチ
 

せんとくん絶対支持

 投稿者:木内  投稿日:2008年 4月26日(土)21時33分57秒
  今さら、ですが、奈良の1300年記念のキャラ、「せんとくん」。
いろいろ批判があるようですが、僕ぁ、好きですね。支持派です。意外ですか?

理由はやはり僕が籔内佐斗司氏がちょっと好きだから。
「せんとくん」のデザインが公表されて、一目で薮内先生作だと気付きました。
作品もさることながら、氏の仏像や具象彫刻を語る語り口が、なんとも癒し系で、テレビとかでついつい聞き惚れてしまいます。
あのキャラ的彫刻を多数作られてるんですが、あれはほとんど自画像やね。

しかし、批判される時に、籔内佐斗司さんほどの方が「有名な彫刻家」といった感じの表記で済まされているという世間の認識の低さに、ちょいイライラしてます。
「徹子の部屋」に出た事があるくらい有名人なのに!

しかも批判理由に「奈良の事がわかってない」とか「仏様を馬鹿にしてる」的なものが多いですが、薮内氏は僕の記憶が確かなら、奈良のいろんな事業で仏像の修復やイベントで自作の仏像を発表したりしてたはず。
仏教彫刻に関する知識なら、日本でも屈指の作家さんだと思います。(個人的データですが)。
少なくともその辺のど素人よりも数段造詣が深いわ!
薮内氏制作の狛犬なんてすごいぞ!キャシャーンの犬みたいやぞ!

とまあそこまで口角泡飛ばし擁護するのもどうかと思いますが、ま、かわいいじゃない、せんとくん。
キッチュですし。結果宣伝効果もあったし。

確かに市民の血税で高額ギャラ支払われ、勝手に決められたキャラに反発する気持ち、わかります。
勝手に決められた国民の象徴、僕も好きではないですし。
世の中もっと勝手に決められて納得いかない事ばっかですよ。
「あの角がキモイ」的反発。平和やな~。

というわけで、鹿の角切り行事のごとく、せんとくんの角が切られないことを祈ってます。

今日の鼻歌:
♪煙が く~もにな~るわけな~いよ みんなは笑う~うう~ 涼しい目をして こ~の男もニッコリわ~ら~う~
 

キュレイターにも踏絵を

 投稿者:木内  投稿日:2008年 4月22日(火)20時51分33秒
  え~今日から京都の某ギャラリーで、「キュレーターズ・アイ2008」なる展覧会が行われています。
これは自分がこのところ益々縁遠くなってきている母校関係者が中心となっている展覧会で、キュレータ6人が作家6人を選んで3つのスペースでそれぞれ展示、を二週間で前後入れ替えで行われます。
わかりやすく「やりすぎコージー」で例えると「おすすめ芸人ショー 俺のツボ」のようなもの。わかりにくい?

で、僕も何度もお世話になってる方々も何人か出品、キュレーションされていて、同じチラシが別々に3通も送られてきたので、無視するわけにも行かず、ミクシイのコミュニティで宣伝しようとしたのですが、このギャラリーが今日日珍しいホームページをもたないギャラリーでした。
ならばと「キュレーターズ・アイ2008」で検索してみたところ、イベントのホームページもなく、挙げ句の果てに関東方面で行われてる同タイトルのイベントばかりがヒットする始末。

なので、じゃあチラシ見ながら自力で文字打ち込みを・・・ってなんでそこまでせなあかんねん!というわけで面倒くさくなって諦めました。
皆さん自力で調べて下さい。
ちなみにこの愚痴とこの展覧会の善し悪し、および作家の力量とは一切関係ありませんので。

ただ、昨年見た印象は、作家の展示はともかく、「キュレーションってなに?」ということでした。
キュレーターズ・アイはちゃんと適正視力を保っているのか?単なる作家紹介になってないのか?
といったところを、こちらの濁った「クリエイターズ・アイ」でチェックしたいと思います。

今日の鼻歌:
♪みかんのこころぼし~ 見えてきた~ みかんのこころぼし~ 見えてきた~
 

石になりたい・・・

 投稿者:木内  投稿日:2008年 4月21日(月)20時03分56秒
  私としたことが、昨日、NHKでやってた松井冬子さんのドキュメンタリー番組、チェックしてなかった!
飯食いながらザッピングしてて発見。阪神vsヤクルトに気をとられすぎたか!不覚!
というわけで、録画はできませんでしたが、冒頭1分ほど見逃しただけで、大半はオンタイムで見れました。

いや~それにしても美しい・・・って作品が?御本人が?
もちろんどっちも。
どちらかというと、カメラに向かって喋ってる様より、作品を制作されてる様の方が圧倒的に美しいっス!
あんな人に見つめられたら(睨まれたら?)たぶん石になります。
しかし、同世代の作家さんとは思えないほどの貫禄。や、僕がショボイだけか。
普通に頑張り屋さんでしたな。

なつみさま:
あまりに真っ当なご意見。グウの音もでません。

今日の鼻歌:
♪ケチるな 愚痴るな タブーから逃げるな 耳塞いで拗ねるな どんどん次いく~
 

スプリング・パッシング

 投稿者:なつみ  投稿日:2008年 4月20日(日)20時09分54秒
  生活空間はその人のその時の精神状態でしょうから無闇に被害妄想に駆られるのでしょうね。
愚痴らない人、木内さんではらしくないでしょうし、周囲も戸惑うかもしれません。
とはいえトークの内容が人の事ばかりという事の方が問題に思えます。なんか見識の狭い印象を受けます。
人様に迷惑をかける事実を誇張した愚痴は後々に影響しますし、本人株が暴落の一途になることは
普段の仕事なんかでもあるんですよねぇー...てかわたしも木内さんの事を言えないかも..。
いずれにしても悪意のこもった嫉妬の愚痴をこぼしていると、いずれ自分が受けますよ。
特に自分より格下と思い込んでいる人間がいるとしたら考えを改める必要ありですよ。
 

シンプルプラン化計画

 投稿者:木内  投稿日:2008年 4月20日(日)02時15分10秒
  先日、友人女性と普通に談笑してたところ、それを見ていた友人に
「木内のトークは基本愚痴やね」
といわれました。どうも木内です。
本人は楽しく談笑していたつもりなんですが・・・。

つい先ほども、電話で某氏に、自分の不努力や怠慢や無能を棚に上げ、美術業界の現状や若い才能への嫉妬などを愚痴ってしまいました。
最近は喋るといつもこんな感じです。
ううう・・・話した瞬間に後悔と自己嫌悪に陥ってます。情けなス。

さて昨日、ふと自身の散らかったアトリエにて、自身の制作がなかなかズムーズに行かないのは、この悪い環境にも原因があるのでは?と思いました。
アトリエが、作品制作にスムーズに入れるように作られていないという事です。
他の作家さんのアトリエなんか拝見すると、実に整理され、制作しやすい環境になっていて、そうするために色々工夫された痕が感じられるのですが、
その辺の「遠回り」を自分はおろそかにしてきた為に、制作する際に機能しない空間にて逆に時間を使ってしまう、という状態に陥ってきてるのです。
「ハサミどこいった?ハサミ!」とオロオロ探しまわったりする時間が結構長かったりするのが日常です。

余計なものを持ち込み、余計な事を考え、余計な事に気をとられる日々。
嗚呼・・・もっとシンプルに制作、生活できるようにしたい・・・。

今日の鼻歌:
♪哀愁の漂う日々さ~ 毎週それでも陽気にさ~
 

ふりだしに戻る春

 投稿者:木内  投稿日:2008年 4月16日(水)22時26分22秒
  ・・・・・・・・・・ん~~~ぷはぁ~~!
どうも、沈黙に耐えられない男こと、木内です。

というわけで、心の中のドクターの言う事を聞いて、昨日は「休ミク日」しました。
ミクシイ始めて初めてかも。
よっしゃ、一日休んだし、日記書くぞー、と言いたいとこですが、特に書く事ありません。
ま、ミクシイも一段落してきて、あっさり中毒から抜けられそうです。
僕もすぐ飽きると思うし、周囲はすでに飽きてると思うし。
と、言いつつここも6年以上やってたりしますが・・・。

好調タイガースは続いてますが、こちらは前回の書き込みを見ればわかる通り。
前回は本当は、

今日の鼻歌:
♪春の夜に僕ら~ からっぽになるまで~ ヒラヒラと舞う花びらの中にいた~

・・・という感じを予想してたのですが、結果的にはTheピーズの「クズんなってGO」を歌ってしもてる。
キャラはそう簡単には変えられませんな。

ちゅうことで、周囲も制作、発表とたて続き、焦燥と疎外感が僕を襲いますが、落ち着いてーっ!
GWは三連休が待ってる!
大キウ血祭り・・・じゃなくて木内祭り、開催決定やでーっ!
ってまた遊びかいっ!

「そんなことばかりいいながら木内さん、実はやることしっかりやってらっしゃるんでしょう?」
・・・・冷汗タラ~~。

なつみさま:
僕関連だと大阪府立現代美術センターの一旦廃止案。
や、別に関連じゃないか。ま、無くなっても全く困りませんが。
「ギャラリズム」には蝋燭の消える寸前の最後のスパーク期においしい思いをさせていただきました・・って終ってへんか。
あそこの企画だと「今日の作家展」シリーズが無くなるのは残念・・・ってどうせ呼ばれへんか。
大阪にはキリンプラザと現美センターを足して2で割った様な施設が欲しいとこですが、両方とも無くなったし、期待できまへんな。
僕は使い古しの靴下やパンツなどで絵具を拭いたり、カップ麺の容器で絵具を溶いたり、という様な画家の風上にも置けない様な貧乏臭い行為のエコを何年も前から実践しています。

今日の鼻歌:
♪風がふきつづけて~ いつもここにいるよ~ 何かいいことが~ なかったっけなぁ~ 何か~
 

ベステンダンクは今

 投稿者:なつみ  投稿日:2008年 4月14日(月)19時04分5秒
  どうなってんのよ大阪府。
とかノンポリの木内さんに愚痴をこぼしても仕方ないですが、
削減ばかりでなく再利用とかへのプロセスはたてられないものなんですかねー
エコ、エコと昨今盛んに騒がれるのは構わないんですが、自分たちの社会にはないんかいリサイクル思考。
チベット問題でもそうだけど自分たちの足元が問題にならないのが不思議です。
まあ大阪府の選挙権がないわたしが言うのもなんなんですがね。
 

レンタル掲示板
/15