teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Retro book

 投稿者:CHIPMUNK  投稿日:2017年 4月19日(水)05時28分27秒
  出張先の町で古本屋を見つけたのが去年。長年通っていた町なのにこんな肝心のことを知らないというおまぬけです。そこで、ヴォークトの「武器製造業者」とベスターの「コンピュータコネクション」と「ラルとの戦い」のペイパーバックを買ってきました。1冊1ドルくらいです。(元々45セントとかなのでじつは高い)ペイパーバックは表紙の安っぽいイラストがいいですね、特に 50 年代くらいのは。  
 

春の道標

 投稿者:CHIPMUNK  投稿日:2017年 4月18日(火)07時10分23秒
  読了。学生時代に買った古本のようです。一度くらいは読んだのかな。まるで覚えていない。とてもすばらしい文章に出会える小説です。胸キュンだぞ、おい。  

帰ってきたヨン

 投稿者:chipmunk  投稿日:2017年 4月17日(月)09時28分1秒
  へとへとですけどね。図書館でかり捲くった本を返しにいかなくてはなりません。悪党パーカーを何冊か家に置いたままだったのでそれも。「犯罪組織」の最後のハンディ・マッケイ(パーカーの数少ない相棒)、いいですね。いい相棒はいい小説の要です。  

プロテウスオペレーション

 投稿者:chipmunk  投稿日:2017年 4月12日(水)06時30分5秒
  読了。今頃。もう30年前の本なのですね。昔は二分冊でしたがいつのまにか一冊になってました。ホーガンですね。「星を継ぐもの」は出てすぐに読みましたね。これと柴田翔と倉橋由美子の小説が友達のできない大学生の数少ない楽しみでした。ポールアンダースンの「アーヴァタール」なんかもこの頃か。ペギーンみたいな奥さんがほしいなあと思っていたら現実になりました。(よいしょ)
んで、本書ですが、往年のハリウッド戦争アクション映画です。アメリカ誰も死にません。「コンバット」です。時間旅行なのでいちおうSFの体ですが、基本は痛快アクションものです。
 

シャードレイク

 投稿者:chipmunk  投稿日:2017年 4月 5日(水)01時55分28秒
  犯人があの方なのは、ちょっと物理的に無理なのではと思います。そうとう剣術の名手でないと。まあでも犯人探しよりも全体のムードのよさで読ませる本ですからあまり気にしません。  

チューダー王朝弁護士シャードレイク

 投稿者:chipmunk  投稿日:2017年 3月29日(水)22時29分40秒
編集済
  どこかで書評を見て読んでみました。わりとおもしろかったです。ただ、すでに映画や小説で見たような場面や人物造詣が多かったです。さまざまなメディアや情報ソースがある今、小説や絵画のような芸術は難しい位置にいるのかもしれません。乗り越えるとは思いますが。ただ、うっすらと提示されている、高邁な精神といったようなものが現代を経て残っていくのかどうかという問題意識には共感できるし、興味もあります。
そうそう、こういう歴史ミステリって、昔学校の成績の良かった女性というかおばさんのファンが多そうですよね。(弩偏見)
 

サトリ

 投稿者:chipmunk  投稿日:2017年 3月28日(火)22時06分27秒
  「シブミ」の続編(前日譚)です。トレヴェニヤンは亡くなっているので、ドン・ウィンズロウという別の作家の方です。なかなかおもしろかったですが、最後はちょっと引っぱりすぎに感じました。カジノは JB か?一時期スパイ小説を読み倒しましたが、ハービー・クールガーもののような読み応えのある作品は意外に多くないです。  

時間と空間のかなた

 投稿者:chipmunk  投稿日:2017年 3月20日(月)22時19分48秒
  読了。もうタイトルからして古典的ですが、ご存知ヴォークトの中短編集です。「永遠の秘密」そして名作「避難所」。わたしが子供のころに好きになった漫画や TV 番組の作り手の方々は間違いなくヴォークトの作品を読んでいたと思います。エイリアン(この映画が流行るまでは宇宙の怪物はBEMなんて呼んでましたっけ)の原点、ウルトラマンのような超人との身体共有などなど。雨宮さんも好きなんじゃないかな。個人的には特撮もの元ネタ御三家は、ヴォークト、安部公房、石川淳です。  

時の娘

 投稿者:chipmunk  投稿日:2017年 3月17日(金)23時22分57秒
  読了。ジョセフィン・テイ女史の軽やかなる力作。リチャード三世は数年前に遺骨が発見されて DNA鑑定を受けました。せむしであったということも分かったようですね。ばら戦争にあまり詳しくなかったので英国史の教科書で中世の章までを読み直してから、読み始めました。リチャード三世の「悪役」のレッテルはシェークスピアの史劇によるところが大きいそうです。  

罪と罰

 投稿者:chipmunk  投稿日:2017年 3月 4日(土)12時54分20秒
  読了。半年くらいかかった?やはり面白いです。何度も読めますね、これは。  

レンタル掲示板
/58