投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


癒しグッズ ヘッドスパ エイリラン

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 7日(月)23時30分28秒
返信・引用
  いわゆる、脳内がゾワゾワ快楽系の癒しグッズです。
エイリアンではなくエイリラン。
エイリランって何だろう?!


●アテックス、音波振動のソニックヘッドスパがヒット

https://www.syogyo.jp/news/2019/01/post_023056

●ヘッドスパエイリラン 公式サイト

https://www.atex-net.co.jp/products/lourdes/kxl3500/kxl3500.html

 

癒しグッズ 米ぬかを利用

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 7日(月)23時17分40秒
返信・引用
  米ぬかから、ぬか漬けを作るのではありません。
チンしてホットパックに利用です。
癒しエコグッズですね。


電子レンジで加熱すると米ぬかが発熱する癒しグッズ「ヌカモフ」

https://dime.jp/genre/648016/

 

男性の尿失禁 初の専門外来

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 7日(月)22時47分23秒
返信・引用
  男の心と体も、老化と共にあれこれあるのです。
人類の医療へのデマンドは尽きることがありません。
以下に記事の一部を引用します。

自分の意思と関係なく尿が漏れてしまう「尿失禁」は女性に多く、
国内の40~50代女性の2~3人に1人が経験しているとの研究もある。
一方、男性は女性より尿失禁は少ないものの、
前立腺がんの手術後に尿失禁に悩む人が1万人以上いるという。
 新たに開設した外来では、
通常の泌尿器科では対応が難しい術後の重症患者を主な対象にする。
前立腺の摘出手術は国内で年間約2万件あり、
多くの患者が尿漏れを経験する。
1年後にはほとんどの人が改善するが、
深刻な状況が続く人が1~3%いるという。


男性専門の「尿失禁」外来を開設 関西医科大、日本で初

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM173SLDM17PLBJ00D.html
 

緊急避妊薬 アフターピル 低用量ピル

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 7日(月)22時34分0秒
返信・引用
  男にはわからない女の心と体、あれこれ。
そして、世界の常識と日本の非常識、あれこれ。
まずは、知ることからはじまります。

以下に毎日新聞記事を引用します。


緊急避妊薬で女子大生が署名活動 望まぬ妊娠避けるため処方箋なしで

 望まぬ妊娠を避けるために、市販の感冒薬のように医師の処方箋なしで緊急避妊薬(アフターピル)を薬局で買えないのはおかしい――と、女性たちが声を上げ始めている。緊急避妊薬とはどういうもので、現状はどうなっているのか。
◇速やかな服用に処方箋の壁
 緊急避妊薬は、女性が性交後72時間以内に1.5ミリグラム1錠を服用すると排卵が抑制される。日本では2011年に「ノルレボ」(販売名、あすか製薬)が医薬品として承認された。女性の健康に詳しい日本家族計画協会理事長の北村邦夫医師によると、服用した場合の妊娠率(1回の性交で妊娠する確率)は0・7%(健康な男女の妊娠率は通常、20代で20~25%)。まれに頭痛や出血などの副作用が出るが、ほとんど身体に影響がなく、服用後に妊娠が判明しても胎児に影響がないとされる。
 性交後から服用までの時間が長いほど有効性が落ちるため、極力早めに服用することが必要だ。薬は排卵を1週間程度遅らせる効能があるが、服用後の性交には妊娠のリスクがある。
 この薬、多くの国では薬局で簡単に手に入るが、日本では医師の処方箋がないと買えない。望まぬ性交渉があった際、直ちに服用しなければならないのに、婦人科が休診だったり、病院のアクセスが悪かったりして入手が困難な場合も想定される。1錠1万円前後と値段も高い。
 厚生労働省は2017年、ノルレボを処方箋が不要な一般市販薬に転用することを検討したが、日本産科婦人科学会などは▽薬局で処方時に薬剤師が適切な指導を行うのは難しい▽安易な利用を招く――と反対。転用を時期尚早として見送った。
◇「市販薬に」1万人以上が署名
 ノルレボを市販薬に転用してほしいという署名活動が、オンライン署名サイト「チェンジドットオルグ」で広がっている。呼びかけているのは公共政策を学ぶ国際基督教大4年の福田和子さん(23)と、性教育に取り組むNPO法人「ピルコン」(染矢明日香理事長)だ。転用に向けた議論の再開と、緊急避妊薬の正しい利用法も含めた性教育の充実を国に求めている。福田さんは「女性にとって切実な願いです。海外に比べ、日本では女性が主体的に使える避妊の選択肢が少なすぎる」と訴え、署名数は既に1万5000人を超えている。
◇「若者の権利」としての性教育
 福田さんはスウェーデンに留学した際、性教育や避妊手段の充実ぶりに衝撃を受けた。「ないものだらけの日本の避妊を変えたい」と考え、帰国後の昨年春ごろ、避妊や性情報の普及啓発を行う「#なんでないの」プロジェクトを始めた。
 福田さんによると、スウェーデンでは10~20代の若者を対象に、体や心の相談に無料で乗る「ユースクリニック」が地域ごとに設置されている。恋愛や性の問題にとどまらず具体的な避妊法も教え、思春期の心身の悩みを総合的にケアし、学校も性教育で通院を勧めているという。
 アフターピルは無料か数百円で提供される。ピル以外にも、腹部などに貼る「避妊シール」や女性用コンドームなど女性が利用できる他の避妊法も紹介している。「すごいカルチャーショックだった」と福田さんは振り返る。「スウェーデンではクリニックに通って正しい知識を身につけることが若者の当然の権利だし、自分の体に責任をもって向き合うことに対し、大人から『えらいね』と言われる。日本では避妊方法が限られるうえ、婦人科の敷居も高く、そもそも性教育が不十分です。性について知りたいと思うことが『不道徳』『問題行動』とすらとらえられかねない。若者が守られていない、と痛感しました」
◇医師「低用量ピルへ移行を」
 前出の北村邦夫医師も「望まぬ妊娠や中絶のリスクを考えれば、入手しやすい環境整備は急務だ」として、市販薬への転用に賛成する。その一方で「あくまで緊急避難的な手段であり、妊娠抑制の仕組みや妊娠の可能性もあることを情報提供できる体制は必要だ」と指摘している。
 北村医師のクリニックは、緊急避妊薬を処方する際、毎日服用する低用量ピルに移行するよう必ず勧めるという。低用量ピルも医師の処方箋が必要で1カ月分で4000円前後。毎日服用する場合、妊娠率は1年間で0・29%でほぼ確実に避妊できるが、情報不足などから利用者は伸び悩む。北村医師は「より確実な低用量ピルによる避妊へ移行するための環境整備も含め、緊急避妊薬へのアクセス向上を議論していくべきだ」と話す。
 

京都タワー

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 6日(日)05時15分41秒
返信・引用
  無鉄骨の建物としては、
世界一を誇ります。
オススメは地下1階にある大衆銭湯。
朝7時から営業してますから、
高速バスで京都駅に、早朝に到着して、
すぐに癒されるのもアリです。


●意外と知らない「京都タワー」 昨年リニューアルで再び脚光

https://www.daily.co.jp/society/life/2018/12/08/0011885501.shtml

●京都タワー公式サイト

https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/kyoto-tower/about/structure.html
 

終活あれこれ

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 6日(日)04時49分50秒
返信・引用
  死んだあとのお片付けサポートです。
便利屋的な遺品整理屋も時流です。
死んだあとの抜け殻と所有物をご希望の処分法で。
そして殻から抜けたあとのあなたの意識は永遠なり。


広がる自治体でおひとりさまの「終活サポート」事業 一体なぜ?

https://dot.asahi.com/aera/2018122800048.html
 

記憶術 壮大な情報保管庫

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 6日(日)04時30分44秒
返信・引用
  ムネモシュネは、ギリシア神話に登場する記憶を神格化した女神である。
情報、空間、イメージ、保管庫、などがキーワードです。

以下に記事の一部を引用します。

●西欧では、古来、空間の移動は思考のメタファーでもあった。精神や心の内奥を、一種の仮想空間のように思いなす伝統があったのだ。その空間は心の目でのみ見ることができ、その各所に様々な情報が保管されている。

●まず情報の容れ物となる仮想空間を頭の中に描く。次に、覚えたい情報を、意味のまとまりごとにイメージに翻案してゆく。それら一連のイメージを先ほどの空間(建築)に置き、場所と絵をセットで覚える。あとは想起したいときに瞑想し、画像に出会うたびにそこに託した情報を取り出してゆけばよい。


古代からルネサンスまで、思想史の深部を流れる「記憶術」とは何か

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59229
 

生まれ変わり 不思議研究所 森田健さん

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 5日(土)03時32分45秒
返信・引用
  森田健さん、通称、モリケンさん。
かなり昔に、マツコのアウトデラックス、
にも出演されています。
私的に、以前にご縁があったお方です。
週刊ポストデビュー、おめでとうございます。(笑)


平成の終わりに「生まれ変わり」が社会的ブームとなっている

https://www.news-postseven.com/archives/20190104_836146.html
 

宇宙関連イベント2019

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 4日(金)05時38分2秒
返信・引用
  とにかく盛りだくさんてんこ盛りです。
中国が送り込んだ月の裏側が気になります。
何かヘンテコな生物でもいちゃったりして。


2019年はスペースイヤー! 宇宙関連のイベントがほぼ毎月

https://www.businessinsider.jp/post-181434

 

免疫と心 意識と無意識

 投稿者:愛敬  投稿日:2019年 1月 4日(金)03時52分11秒
返信・引用 編集済
  病は気から、を科学がアプローチします。
近未来ではメディカルに取り入れられるでしょう。


●重要な免疫は「心」と「気持ち」…楽しく過ごしがん克服

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/242015

●免疫力研究の第一人者も勧める免疫力アップの確実な方法

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/242457

 

/219