teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/94 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

解体予定が予定されているモダニズムの名建築・本丸会館を文化財に11・12・22.?

 投稿者:明治建築研究会メール  投稿日:2011年12月21日(水)14時53分21秒
  通報
   富山県知事殿、高岡市長殿、文化庁殿

突然失礼します。ご検討をよろしくお願いします。
高岡市議会:本丸会館解体など可決。本丸会館本館は34年に建設された鉄筋コンクリート製の洋館。老朽化のため、閉館。市は今後、別館とともに解体し、急患医療センターなどを含む健康福祉ゾーンとして整備する方針。貴重な歴史建築を、正しく評価して、文化財にして保全活用されるよう要望します。明治建築研究会
本丸本館は34年に高岡電燈本社ビルとして竣工。旧清水組の設計技師であり、分離派建築会のメンバーであった矢田茂(1896-1958)が設計を担当。富山県内に現存する初期モダニズム建築の代表建築作。かけがえのない文化財クラスの歴史遺産です。後世に悔いを残さないよう耐震補強、正しく評価して文化財に登録を。明治建築研究会
  保存の声に歴史遺産の研究している立場から関西からも応援させてもらいます。

  599-8126 堺市東区大美野155-13
           明治建築研究会TEL072-236-3357。

 
 
》記事一覧表示

新着順:10/94 《前のページ | 次のページ》
/94