teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

新着順:58/374 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

石灰岩の大岩と県境

 投稿者:河本  投稿日:2018年 5月26日(土)11時31分35秒
  通報
  戸嶋さま。「大岩(石灰岩)がありますが、これは元々長野県側にあったもので、地殻変動で山梨県側に移動した」と説明版にあるということですが、なにか根拠になる文献があるのでしょうか。
 糸魚川‐静岡構造線活断層系が地表に食い違いを残すほど大きく動いた最新の年代は、おそらく西暦762年(奈良時代)です。奈良時代には長野県も山梨県もありませんが、当時の甲斐の国と信濃の国の境界はどこにあったのでしょう。
 仮に今のように釜無川の流路が国境だったとして、大岩が左岸側にあった(大岩の南東側に旧釜無川が流れていた)とします。大岩の南西側の断層が右ずれに動き、旧釜無川の出口をふさぎ、釜無川が大岩の南西側の断層沿いに新しい流路を作って大岩の西側を回り込むように流れを変えたとすれば、「大岩が信濃から甲斐へ(釜無川の流路が大岩の南東側から北西側へ)」というストーリーが成り立つかもしれません。
 しかしこれは2つの難点があります。まず大岩の南東側にわずか1250年前に釜無川が流れていた地形が見られない(赤石山地側の隆起速度(1000年に数メートル)を考えても、現河床ととそれほど変わらない高さに旧河道跡が残っているはず)。
 また諏訪~白州の糸魚川‐静岡構造線活断層系は大局的に左横ずれであることから、右ずれの大きな変位は考えにくいと思います。糸魚川‐静岡構造線活断層系による中央構造線の食い違いは茅野~岡谷の12kmですので、仏像構造線も先能~青柳あたりまで食い違っていてもおかしくないと思います。秩父帯の延長は原村の下あたりにあるかもしれませんね。八ヶ岳を取り除き、さらにおそらく存在している北部フォッサマグナの地層を取り除かないと見えないですが。
 シームレス地質図を見ると、仏像構造線(秩父帯=ジュラ紀付加体と四万十帯北帯=白亜紀付加体の境界断層)は小海線海尻駅付近で露出し、関東山地内を東京の五日市へたどれます。

 赤石山地内の釜無川は仏像構造線の破砕岩を掘り下げて流れていますが、厳密には断層の位置と完全には一致しません。川も多少は蛇行するし、断層面も垂直とは限らず、走向も微妙に変化しているし。釜無川の流路が現在の県境になっているのは人間の都合による線引きです。
 地球の時間スケールと人間の時間スケールには大きなちがいがあるので、150年程度の歴史しかない長野県側か山梨県側かという話は、あまり意味がないように思います。
 それに、信濃と甲斐の境は、信玄のころに変わったというようなことを聞いた覚えがあるのですが、いかがですか?
 
 
 
》記事一覧表示

新着順:58/374 《前のページ | 次のページ》
/374