teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


赤と黒

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 7月17日(火)00時24分2秒
  やっと読了。いろいろと話題のある光文社新訳版です。たしかによく分からないところがありましたが、大岡先生や桑原先生の訳にもあたらないとなんともいえません。原文もやや破綻気味(特に終盤)という指摘もあるようです。
高校一年生の頃、コンプレックスの塊だったわたしはこの本に胸を熱くしておりました。この潔い死に様に憧れました。もちろん美しき人妻やご令嬢との逢瀬(つーか夜這いだ、いってしまえば)にも。この後もちょっとスタンダールを攻めてみようかなと思っております。
 
 

脅迫部隊

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 7月 7日(土)15時01分17秒
  あいかわらずのマット・ヘルムです。二冊ほど図書館になかったのでとばしました。翻訳そのものも次の「侵略部隊」までのようです。
内容は、なんと国境の南で UFO 出現!本シリーズは SF ではありませんので、当然落とし処はあるのですが、それにしても、ハードボイルドなスパイものに「円盤」のミスマッチの衝撃は大きいです。(おそらく書き手にも) ばたばたした展開ですがどう落とし前をつけるかの興味で最後までいけます。
他に今読んでいるのは、しばらく放っておいた「赤と黒」の下巻、じっくり読んで楽しい「スクールボーイ閣下」の下巻、コナン・シリーズの「黒河を越えて」などなど。
 

黒い預言者

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 6月24日(日)17時05分45秒
  新訂版コナン全集三巻目です。ワンパターンの「オカズ」小説ぽいのですが、1930 年代にしてはなかなかの視覚イメージを描き込んでいると思います。原書はどんな感じなんでしょう。
他「スクールボーイ閣下」の上巻などなど。
 

GOLD FINGER

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 6月19日(火)00時17分1秒
  ひさびさにペイパーバックで読了。奇天烈ではありますが19世紀あたりの教養小説のノリもある凝った趣向がおもしろいです。翻訳は次はルカレの「スクールボーイ閣下」ですな。ペイパーバックはおなじみヴォークトの「非Aの世界」を読んでます。中二秒の権化のような内容ですが、いろいろな英語に慣れるためにはいいかも。
そういえば、先日ジェームスボンドものの翻訳「逆転のトリガー」というのも読みました。Goldfinger 事件の次に起きた事件ということで、冒頭にプッシー・ガロアが出てきました。
 

裏切りの氷河

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 6月16日(土)11時05分22秒
  途中で昨年(一昨年?)読んでいたことに気づきましたが、それでもけっこう読めました。(内容を完全に忘れていたからですな)デズモンド・バグリイです。「高い砦」は読んだことを忘れていないので、やはりいい出来の作品は心に残る、ということか。「マッキントッシュの男」も途中までは読んだ気がしますが ..... 「ゴールデンキール」は面白いのかな。  

Scalphunter

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 6月16日(土)10時34分42秒
  首狩り人という訳でしたが、よく考えたら頭の皮剥ぎ人ですね。>ティンカー、テイラー  

ジョン・ル・カレ

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 6月15日(金)07時53分58秒
  「ティンカー・テイラー...」読了。今更のル・カレです。スマイリー三部作くらいは読んでおこうかな、と。ジョン・ガードナーのハービー・クルーガー・シリーズやスパイ一家も読み直したくなりますが、時間が足りないっす。  

掠奪部隊

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 6月12日(火)01時19分55秒
編集済
  途中で他の本に浮気してたのでなかなか進みませんでしたが、ようやく読了。最後で突然スペクタクル。映画ファンサービスか?と訳者もいぶかる。硫酸入り注射銃をもつドS の女殺し屋などマンガっぽいところもあって楽しいです。すでにバれている裏切り者にもたせた偽の機密情報を無事に敵に届けさせないといけないので主人公が途中で遭遇する敵を倒せない、というジレンマもおもしろい。
こんな本ばっかり読んでるな!
 

殺戮の月

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年 6月 8日(金)11時57分26秒
  悪党パーカー「殺戮の月」、再読。ボリューム的にもこれが一番のような気がします。第一作目の拡張版の感もあり、結局こういう「狩り」を軸にしたプロットが一番いいようです。  

悪党パーカー/地獄の分け前

 投稿者:CHIPMUNK  投稿日:2018年 5月29日(火)00時09分58秒
  読了。前に読んでいたことに途中で気づきました。「カジノ島壊滅作戦」が読みたいのですが入手困難な由。「ゴールドフィンガー」のペーパーバックがもう少し。
 

レンタル掲示板
/64