teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ギリシア神話

 投稿者:chipmunk  投稿日:2019年 3月19日(火)23時29分53秒
  呉茂一先生のご本です。新潮文庫で出ていたやつ。ブルフィンチを訳した野上先生も呉先生のご本を薦めてましたっけ。Paperback は 007 の「Moonraker」と「Catch 22」の再挑戦。濫読するエネルギーをキープしたいですな。
それにしても深キョンのドラマ「ハジコイ」、ハッピーエンドでよかったなー。
 
 

誰が原子を見たか

 投稿者:chipmunk  投稿日:2019年 3月14日(木)17時35分55秒
  高校生くらいの頃に読みたかったですが、あの頃は自信がないくせに世の中舐めてたから読める精神状態ではなかったかな。見えないほど小さい原子(最近見えますが)がなぜ「ある」ということになったのかを、脱線もしつつ、分かりやすく教えてくれます。  

沈黙の犬たち

 投稿者:chipmunk  投稿日:2019年 3月10日(日)23時11分18秒
  ハービークルーガー・シリーズ第三作を読了。あいかわらずの濃密な書き込みです。原書でも読んでみたい。  

おひさ

 投稿者:chipmunk  投稿日:2019年 3月 8日(金)13時47分30秒
  風邪ひいて寝込んでいる間に、バーナード・コーンウェルの「ロセンデール家の嵐」とジョンガードナーの「Nobody Livs Forever」読了。「暗黒事件」は後味が悪そうなので、最終章で読まなくなりました。しばらく積読行きです。途中でやめるのはわたしとしては珍しいことであります。「沈黙の犬たち」の続きを読んで、それからどこへいこうかな。  

Mr.Bond

 投稿者:chipmunk  投稿日:2019年 2月28日(木)23時52分52秒
  勢いに乗ってガードナーの007もの「No Deals, Mr Bond」も読了。SMERSHのボスと対決するも裏切りの連続が凄すぎて誰が誰やら分からなくなりそう。個人的にスパイ小説は、ジョンルカレよりもガードナー、ガードナーよりアダムホールかなと思ってます。  

ひさしぶり

 投稿者:chipmunk  投稿日:2019年 2月 4日(月)17時40分35秒
  「暗黒事件」まだ終わらず、というか最後の刑事の逆襲からの悲劇っぽいところがあまりに哀れで読めず、放置。「ベルリン二つの貌」はとっくに終わって「沈黙の犬たち」が半分くらい。ガードナーつながりで「Death is forever」という 007 ものも読了。けっこうなページ数だったが、3日位で読めた。語彙が増えるといいなあ。
ドイツの幻想小説やゲーテのウィルヘルムマイスター、世界の歴史はナポレオン以後から、朝永さんの量子力学の教科書は読本ノリで読みやすい。ワイマール文化、チーズとうじ虫はまだ手付かず。
 

メモ

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年12月30日(日)02時23分14秒
  「暗黒事件」がもう少し。(しばらく放置したので)「ベルリン二つの貌」が半分くらい。ニール・スチーブンソンの Paperback がよさそう。ホフマン「砂男」は読了。ホラーというより幻想タッチのノイローゼ小説ですね。清書しないというのがよく分かる。  

狭き門

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年11月15日(木)15時51分47秒
編集済
  ジイドです。これまたいまどき誰も読まないような本ですな。アリサはきっとものすごくすてきな美人だったんでしょう。信仰と愛の対立のようでいてどこか融通無碍で流れもふらふらと。ただ、この厳密に突き詰めないところが魅力のように思います。裏切られたくて本を読む最近の本読みの人には向かないかもしれません。理不尽だからこそいろいろ思いをめぐらせることができて、そこがいい。
そのときの思いとともに何度も繰り返し読める本といってもいいでしょう。
そういう意味では、娯楽や暇つぶしにはなりませんね。
 

おひさでやんすー

 投稿者:chipmunk  投稿日:2018年10月27日(土)12時49分4秒
  毛糸姐、おひさでございます。サバしか分かりませんが、お元気でしょうか。わたしはあいかわらず元気がありません。(お約束)
>バルザック
「ふくろう党」は読んだことがありませんが、ただ偶然にも、ちょうど今「暗黒事件」を読んでおります。ヴァンデ事件は革命直後でしたっけ。こっちはナポレオン以後ですのでちょと後ですね。バルザックは純文学系推理陰謀小説(勝手なネーミング)ですので、どれも面白いと思いますよ。多くは新聞に連載していたはずなので、つまらないとすぐ切れられちゃうでしょうし。
なにより、ご無事の連絡ありがとうございます。フランスに出かける用事はまだないのですが、出かけるときはお知らせしますので、サンジェルマンのカフェでお茶をご一緒してください。

 

Chouans

 投稿者:毛糸  投稿日:2018年10月18日(木)01時12分13秒
  Bonjour!ça fait longtemps, ça va?

Francisがこのrock operaに出てるおかげで、「ヴァンデの反乱」関連を読みたくなったよ
バルザックの「ふくろう党」とか難しいだろか?
https://www.youtube.com/watch?v=Z1_ghSu6qEk

 

レンタル掲示板
/66